高血圧|埼玉県久喜市の生活習慣病・糖尿病 しゅろのき内科クリニック

専用駐車場23台分完備・〒346-0013埼玉県久喜市青葉5-15-1・久喜駅より朝日バス「青葉五丁目」バス停前徒歩0分
0480-23-8900

高血圧

高血圧

高血圧症について

高血圧症とは

高血圧症とは

高血圧とは、血圧(心臓から送り出された血液が血管に加える圧力)が一定の範囲を超えて高く維持されている状態です(診察室血圧140/90mmHg以上、家庭血圧135/85mmHg以上、「高血圧治療ガイドライン2014」日本高血圧学会)。

また、高血圧症は日本人にはとても多い疾患で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。そのほとんどは原因の特定できない本態性高血圧症と診断されますが、一部に内分泌疾患や腎性高血圧症などの原因疾患をお持ちの場合があり、二次性高血圧症といいます。

高血圧症を放置した場合には、動脈が必要以上のストレスを受け続けるとともに、心臓にも大きな負担がかかります。結果として虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や大動脈瘤、高血圧性心疾患などの心血管疾患や脳血管障害(脳出血、脳梗塞)をひきおこすことにもなります。

なお、高血圧自体は無症状のことが多いので、日々の血圧測定や健康診断などを通じて早期に発見し、適切な治療を開始することが大切です。

高血圧の治療

適正な体重の維持と適度な運動、禁煙、節酒はすべての生活習慣病治療の基本です。加えて高血圧症をお持ちの場合には、1日6グラム未満を理想とした塩分制限が望ましいと言われています。

診断確定後の数ヶ月間、上記の生活改善を継続していただいても血圧が管理目標値まで改善しない場合には、内服薬の治療を行います。ただし、受診時の高血圧重症度や合併症の有無などによっては早期より投薬を行う場合もあります。

現在、多種多様の降圧剤が発売されていますが、年齢、肝・腎機能、合併症の状態などを考慮して、適切な降圧剤を選択します(カルシウム拮抗薬、降圧利尿剤、ACE阻害剤、ARB、ベータ遮断剤など)。

また、二次性高血圧症についても初診時に鑑別を行い、原因疾患が特定される場合には治療を検討します。

ところで、一度薬を飲み始めたら一生やめられないと思っている方が多いようです。確かに長期間にわたって服薬を続けていただく方もいらっしゃいますが、食事・運動療法の継続と服薬により血圧が低下してくれば、薬の減量・中止が可能な場合もあります。生活習慣病全般に言えることですが、日頃からライフスタイルの改善を心がけ、それを継続することが大切です。