脂質異常症|埼玉県久喜市の生活習慣病・糖尿病 しゅろのき内科クリニック

専用駐車場23台分完備・〒346-0013埼玉県久喜市青葉5-15-1・久喜駅より朝日バス「青葉五丁目」バス停前徒歩0分
0480-23-8900

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症について

脂質異常症とは

脂質異常症は血中の脂質が基準値より高値もしくは低値を示している状態を指します。日本動脈硬化学会の定める診断基準によると、高LDLコレステロール血症(LDLコレステロール140mg/dl以上)、低HDLコレステロール血症(HDLコレステロール40mg/dl未満)、高トリグリセリド血症(トリグリセリド150mg/dl以上)に分類されます(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012)。ちなみに、総コレステロール値が220mg/dl以上を高コレステロール血症と言いますが、最近ではあまり重要視されなくなってきています。

脂質異常自体による症状は乏しく、放置される場合もしばしばありますが、いずれも動脈硬化の進展に関連があり、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管障害の原因となります。このため、検診などで指摘された場合にはきちんとした治療を受けることが重要です。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

血中のコレステロールや中性脂肪が蛋白質と結びついたものをリポ蛋白と言い、比重の違いにより、カイロミクロン、VLDL(超低比重リポ蛋白)、LDL(低比重リポ蛋白)、HDL(高比重リポ蛋白)に分類されます。

このうち、HDLは血管壁からコレステロールを回収して肝臓に運ぶため、動脈硬化を抑制する働きがあります。逆にLDLは肝臓で産生されたコレステロールを臓器に運搬しますが、細胞に取り込まれなかった余剰コレステロールは血管壁に蓄積され、動脈硬化を進展させる原因となります。これらの働きをしてHDLを「善玉コレステロール」、LDLを「悪玉コレステロール」と呼ぶことが多いようです。

最近ではLDLコレステロール値と動脈硬化性疾患の発症の間に強い相関が認められるため、総コレステロール値よりLDLコレステロール値を重視するようになりました。また、LDLコレステロールの直接測定値は施設間や測定方法による差異が大きいため、一般的には以下の計算式で求めた値を採用します。

Friedewaldの計算式:
 LDLコレステロール値(mg/dl)=総コレステロール値-HDLコレステロール値-トリグリセライド値÷5
 (ただし、トリグリセライド値が400mg/dl未満の場合)

脂質異常症の原因

生活習慣病としての脂質異常症は、過食や過度の飲酒、運動不足、肥満などが原因とされます。一方で、家族性脂質異常症は先天的な代謝異常が原因であり、また、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群などの疾患に引きつづいて起きる二次性脂質異常症もあります。

脂質異常症の治療

他の生活習慣病と同様に、食事療法、運動療法は非常に重要です。

薬物治療としては、肝臓でのコレステロール合成に必要な酵素(HMG-CoA還元酵素)を拮抗的に阻害することにより脂質低下作用をあらわすスタチンを主軸に、フィブラート系薬や陰イオン交換樹脂、エゼミチブなどが使われます。

また、二次性脂質異常症に対しては原疾患の治療を行います。更に、家族性脂質異常症の患者様にはLDLアフェレーシス(体外に血液を引き出して血漿分離したのちに、LDLを吸着回収した上で体内に血液を戻す浄化法)も一部保険適応となっています。